葬式 文例 香典

葬儀の進行把握と打ち合わせ

 通夜が終わったら、喪主、世話役は、葬儀社と翌日の葬儀の式次第について、こまかい打ち合わせをします。
 基本的には遺族は、葬儀の準備は手伝わず、葬儀社と世話役にまかせますが、進行の把握といくつかの決定をする必要があります。

・ 進行と所要時間の確認
・ 祭壇の設定、会場の確認
・ 供物の配置
・ 弔辞の依頼先と内容
・ 弔電の紹介範囲と名前の確認
・ 焼香の順序
・ 会葬礼状の数
・ 火葬場同行人数
・ 遺影・位牌を持つ人
・ 精進落としの数
・ 心づけの用意

 

サイトマップ

アフィリエイトサービス